【瞑想】あなたを熟睡に導く 瞑想入浴と自分時間

辛い感情や考えが止まりません。ベッドにはいっても、考えがとまらなくて、どうしても、悪い方、悪い方にばかり考えてしまいます。ベッドの中で胸がドキドキして。苦しさの中で、気がつくと明け方。眠れないのはとってもキツイです

考え込みが止まらない・・・

辛い問題に直面している時に、お布団の中でいくら考えを巡らせてみても、問題解決の妙案がひらめく!ことは、まず、ないと思います。

逆に、悪い方へ、悪い方へと思考が偏って、辛い感情が湧いてくるものです。体は、あなたの不安感を即座に捉え、心臓にパクパク感が生じ、不安がさらなる不安を呼んで、眠れずにいるのですね。

でも・・・考え込みを止めることがでない

睡眠障害には様々なパターンと原因があります。いくつかの解決方法がありますが、今回は、どなたにでもできる手軽で、効果のある方法をお伝えします。

誰にでもできる手軽な熟睡習慣

気持ちよ〜く熟睡して、疲れ切った体を休める。今日1日の体の疲れをとり、心のコリも消えてゆく。誰にでもできる効果的な夜の習慣です。

夜の自分時間とは?

朝起きてから、帰宅するまで、1日中、外の世界との交流がつづき、時間に追われているので、かなり、疲れているのではありませんか?

気づかずに過ごしてしまうと、疲れがたまり、大怪我をしたり、病気をして苦しんだり、大切なご家族との関係がうまくいかなくなるなど、様々な問題が発生してきます。

実は、私たちは皆、自分に戻る自分時間が必要なのです

1日の中でたった15分、お休みになる前に自分時間を確保していただくと、次第に、あなたの中で、一種のゆとりが生じ、周囲との接触の中で心が乱れたり、悪玉感情で辛い体験をする。その確率がかなり低下してきます。

あなたご自身に戻る環境づくり

就寝時間の30分前はあなたの自分時間

PC・携帯・テレビなど外部とつながるものすべての電源を落としてください。携帯ONの必要がある方は、着信音がでないように設定してください。

疲れを消す 瞑想入浴のやり方

まずは、ラベンダー・オイルと自然塩を入れた温めのお風呂に入り、リラックス。五感を使った入浴瞑想です。

穏やかな照明ですと心が落ち着きます。もし、バスルームの光が強いと感じる様でしたら、電気をけして、キャンドルをつかってください。

  • 温めのお風呂に、ラベンダー・オイルと自然塩を入れます
  • 湯船につかり、静かに、体の感覚に意識を集中してゆきます
  • 両手や両足ががジンジンと温まってゆく感覚
  • 暖かなお湯が首肩の緊張を気持ち良くほぐしてくれる感覚
  • 穏やかなロウソクの炎がかもしだす温かなリラックス感
  • 目を閉じ、温かな湯気と共に、立ち上がるラベンダーの香りに包まれてみる
  • 意識を体の感覚・五感に集中してゆきます・・・
  • 皮膚から体の中に気持ち良い温かさが浸透してゆく感覚がつかめるとおもいます

嫌な考えが浮かんでも、辛い感情が内から湧きあがってきても、ただ、眺めては手放し、意識をからだの感覚に戻してゆきます。

ア〜、こんな風に感じていて辛いんだ! そのまま受け止めて、からだの感覚に意識を戻してゆきます・・・

体をゆっくりとほぐしてリラックス

ラベンダーの鎮静効果と自然塩の保温効果が気持ちいい!

お風呂上がりは汗が引いた所で、軽く体をほぐしてゆきます。

ご自宅の中で、静かに一人になれる場所を見つけ、同じ場所を、毎日、使ってください。ご自身の気場ができ、その場に戻ると、自然に自分時間モードになれるからです。

夜の15分プログラムをつかい、瞑想ヨガで体をほぐし、眠りに入る呼吸法で深いリラックス感を体験します。

日頃、馴染んでいらっしゃるゆっくりとしたストレッチの動きを、おつかいくださってもOKです。ただ、最後にくつろぎのポーズ[注]でリラックスしましょう。

 

リラックスしたまま、温まった体でベッドに入ると、ストンと穏やかな眠りにはいれます。

ゆっくり、おやすみなさい Zzz・・・

[注]:1日1分感情マネジメント!次回3月8日(金曜日)発信の際に、寛ぎのポーズの動画リンクを添えます。宜しかったら、ご登録なさってくださいね。

自分時間は人生を豊かにします

目覚めた瞬間から押し寄せる。止まるところをしらない思考の波。これが、こころにも、体にも大きな疲労感を生みます。

1日の負担を引きずったまま眠りにつくと、興奮していて、どうしても眠れない時もあるのです。取り替えることのできない大切な体です。くれぐれも、無理をせず、睡眠をしっかりとって、上手にお付き合いしましょう。

夜の自分時間は、 あなたご自身に戻る必須時間。健康を維持し、人生の意味に気付く。私たちの人生に欠かせない貴重な習慣です。

何事もなく無事に、1日を過ごせたことに感謝して眠りに入る・・

あなたが心おだやかで健康でありますように!