マインドフル・ヨーガは動きのある瞑想!

今朝のお目覚めはいかがでしたか。朝の瞑想シャワーは習慣になっていますでしょうか?

温かなお湯の流れが体を温めて行く。その感覚に意識を集中してゆくと、未来や過去に飛んでゆく心を、今、ここに引き戻すことができます。離れては戻し、また、離れては引き戻す。心の働きから自由を得る瞑想の一つ。

爽やかな朝を迎えることができるようになりますので、機会を見つけて、TRYしてくださいね

ヨガなんて自分には関係ない

皆様はヨガと言うと、いわゆる体操ヨガを連想されるのではないでしょうか?

  • 音楽に合わせて体を動かしていくヨガ
  • ホットヨガ
  • 難しいポーズを取り、競い合う体操ヨガ

競い合い、できなければ悔しい思いを抱き、怪我をし、体を壊す方もいらっしゃるというお話を伺っています。

マインドフル・プラーナ・ヨーガは瞑想

感情マネジメントの大切なツール マインドフル・プラーナ・ヨーガ

こちらは、全く異質のヨーガです。ポーズを作る事が目的でなく、静かに体の感覚に意識を集中することで雑念が消えてゆきます。次第に、今、この時の限界を意識できる様になり、日々の生活でも、その限界を超えない知恵を受け取る。心の働きから自由になるので思考や感情の暴走がなくなりかなり楽に生きられるように自然と変わってきます。

  • 静かに体の声に意識を集中して心を、今、ここに引き戻す
  • 痛いところに意識を集中して、痛みで雑念がでないように
  • 痛みが抜けてゆく感覚に意識を集中して、雑念がでないように
  • 今、この時の限界を知り、その限界を超えないように静かに動く

Free Your Mind! 感情マネジメント

紀元前2世紀にパタンジャーニという方がヨーガの教典ヨーガ・スートラを編纂されました。

非常に簡単に言ってしまうと・・・
ヨーガというのは八つの段階から構成され、皆さんが想像されるヨガはこの八段階の3段階目。アーサナにすぎないのです。本来のヨーガというのはもっと深い生き方の指針となる理論であり、日々何も求めることなく真剣に繰り返す事で、心の働きから自由を得る。感情マネジメントの指針となる内容です。

心が作り出す苦しみから自由を得て、あなたの人生を生きることができる。その様な方法を詳しく解説してくれているのが、ヨーガスートラ。

動きのある瞑想法

マインドフル・プラーナ・ヨーガは、この8つのステップをしっかりと網羅しています。アーサナでは体の中の筋肉・筋・関節・骨・・・ 体のそれぞれの部分の感覚に意識を集中し

  • 呼気に合わせてひとつの動き
  • 吸気に合わせてひとつの動き

真剣に体の声を聞いて行く動きのある瞑想そのものです。

呼吸 – からだ – 感覚 – 意識 – 雑念が入る隙がない

マインドフル・プラーナ・ヨーガを行っている間は

  • 呼気に合わせてひとつの動き・吸気に合わせてひとつの動き
  • 体の声を聞き、自分の体と真剣に向き合う
  • 体を伸ばし、痛いところに意識を集中して体のつっぱりを感じていく
  • ポーズを戻す時には、痛みが体から抜けてゆく感覚に意識を集中

雑念が入る隙がないのです。この意味は、かなり深いものがあります

今を生きる。心を今におく

多くの先生が、様々な方法を YouTubeで公開されています。呼吸瞑想を使ったり慈悲の瞑想を使ったり、多くの方法を知る事ができます。

でも、実際に、雑念が消えた御経験ってありますか?

例えば 坐法瞑想・・
雑念が出ないようになるには、修行僧でも相当な年月がかかるそうです。

ところが
マインドフル・プラーナ・ヨーガという体の扉から入ると、体の感覚を使うことで簡単に心を今に戻すことができるのです。

あ〜気持ちがいい!

不安障害・ストレス性障害・慢性疼痛・うつ状態・ 感情マネジメント

認知力を使い、頭から入る治療では、短期間で心が作り出す苦悩から解放されることはありません。ところがマインドフル・プラーナ・ヨーガを併せ用いて体の扉から入ると、三日で症状が消えていくのです。これはすごいことだと思います。

  • ポーズを取ることで交感神経を刺激し
  • 横になる寛ぎのポーズ。シャバ・アーサナで副交感神経を刺激する
  • 深いリラックス感が訪れ
  • 交互に行うことで崩れていた自律神経のバランスを回復
  • 自律神経のバランスが戻れば、体の免疫力が高まります

ですから、健康な方はますます健康に、病気や怪我の回復期の方はその回復を早め、心の苦しみからも、自由をえることができる様になると言われています。

最後に

あなたは、これまでヨガのクラスに通い、あ〜気持ちがいい!と 深いリラックス感を感じたことがありますか?

瞑想ヨーガのすごいところは、ヨーガの後に深いリラックス感を得ることができる点です。とても気持ちが良いので日々、継続できてしまいます。

  • 疲れたからといってベッドに横たわっても疲れは取れません
  • ヨガのクラスに通っても、深いリラックス感や心の安らぎをえる事は少ないのではないか。と思います

マインドフル・プラーナ・ヨーガは全く異質のヨーガ。動きのある瞑想である。このことを今日はお伝えいたしました。

とはいえ、仕事をもち、家庭をもつ生活を送りながら、日々、1時間半も時間がとれないのは、当たり前のこと。

忙しい生活を送る方のための日々のプログラムが、朝・晩15分づつ、自分時間をつくる習慣。1日30分のストレス解消プログラムなのです。

近々、YouTube動画版でご用意できる様、準備しています

あなたが心おだやかで健康でありますように!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする